泌尿器科勤務にむいている看護師はこんな人です

こんな看護師さんが向いています、泌尿器科勤務

泌尿器とは、腎臓・膀胱・尿管・尿道の総称となっています。総合病院など、入院施設のある病院では前立腺がんの検診や前立腺肥大症の手術で受診される患者さんが多いでしょう。また、外来のみであれば性病の検査や治療が多いでしょう。

こういった内容から、男性患者が多いため、男性看護師が対応してくれると患者さんも安心するかもしれません。実際、泌尿器科勤務を希望する男性看護師も見受けられるようです。また、中には膀胱炎や子宮脱などで受診する女性の患者さんもみえますから、女性看護師がいてくれると相談しやすくて心強いでしょう。

いずれの場合にも、陰部ケアが苦痛でないこと、尿の状態・においなどの観察が苦手でない人がいいでしょう。対象の患者さんは、高齢者も多いですが、外来など性病の関係で受診するのは若い世代も多いです。患者さんも恥ずかしく思っていることでしょうから、看護師側が恥ずかしがったりためらってはいけません。無用に患者さんの羞恥心をあおるだけになります。どんな世代の男性が来ても、淡々と処置できること、ただし冷淡に、ではありません。陰嚢水腫などで、小中学生などが受診する場合もあります。とりわけ羞恥心も強くなりますし、メンタル面でも落ち込みがちでしょう。そんな患者の精神的負担を和らげてあげられるといいのではないでしょうか。

前立腺生検もよく行う検査ですが、出血と痛みを伴います。特に高齢者の患者が多いですから、いたわりの心を持って対処したいものです。しかしながら、若い女性が処置してくれるということで、セクハラまがいの言動をとる患者さんがみえるのも事実です。それに対して、「恥ずかしい」「嫌だ」と嫌悪感が先立ってしまうようですと、毎日の仕事ですから看護師にとって苦痛になってくるかもしれません。

こういったことは、「慣れ」も必要でしょうが、泰然自若と笑ってかわせるようなタイプでないととても負担に感じてしまうかもしれませんね。看護師の仕事ですから、患者さんにたいする「いたわり」「優しさ」はどの科でも当然に必要です。しかし、泌尿器科においては、患者さんの様子やキャラクターを見ながら臨機応変に対応をできることが必要かもしれませんね。