世界的な看護師不足で職場は海外へ

世界的な看護師不足の現代、仕事の現場が国境を越えて海外へ!

日本と同じように海外でも看護師不足の傾向はあるようです。「アメリカで看護師として働いてみたい!」と思う方もいらっしゃるでしょうし、医療過疎の国や途上国で働きたいと考える方もいらっしゃるでしょう。動機も目指す国もさまざまですが、日本が海外からの看護師や介護士を迎える時に最も大きな障害となっているのが何だったか思い出しましょう。そう語学力ですね。当然看護師という仕事は命に関わるわけですから、特に会話力やヒアリング能力は絶対的に必要となります。医療の現場では日常会話だけではなく、専門的な言葉も多く使われますからそれも知っておかなくてはいけません。

日本でも放映されて有名になった「ER」をいう医療ドラマがありますが、ああいうドラマを見て憧れる方も多いのではないでしょうか。確かに看護師も医師と同じレベルでてきぱきと仕事をこなしている姿は、ドラマといえども憧れずにはいられません。ですがアメリカなどを例に取ると、所得の面でも日本より優遇されかもしれませんが、その分責任も大きく厳しい世界だと思っておいたほうがいいでしょう。

その上昔ほどではないにしろ、アジア人ということで差別される場合もあるかもしれません。色々なリスクや厳しさをすべて理解した上で、それでも海外へ出たい!と思ったなら、まずは語学力ですね。それから国によって違いますが、その国の看護師免許が必要な場合も多いでしょうから、行きたい国の受け入れ態勢や事情を調べてみましょう!アメリカなどは海外の看護師を迎える体制が比較的整っているようですから、日本人が目指しやすいかもしれません。

先々は移住してその国でずっと仕事をしたいという方もいらっしゃるかもしれませんし、何年か経験した後日本に戻って看護師を続けていこうと思う方も多いでしょう。そんな方も、一度海外に出て広い視野を身につけて帰ってくることは長い目でみてもとても有意義なことだと思います。