就職難だからナースはどうかと友人が提案

就職が難しいというのならナースもいいよと友人に誘われて考えている

岩手県在住 H.Aさん(27歳)
今時の就職はほんとに難しいですね。どんなに努力をした所で、どうしても落とされる人が出てきてしまいます。だからその人の努力だけで全てが語れない時代です。昔はそんなこともなくて、ちゃんと就職できる人とできない人の差はやる気の差だったみたいですね。それだけ、たくさんの職があったということだと思います。

私もずっとフリーターをしていて、そろそろちゃんとした仕事をしたいなと思っています。特に看護師などの手堅い仕事に転職したいなと思っているのです。そちらのほうが後々まで仕事ができますし、それ以降も就職のことを気にしなくてもいいでしょう。

だから看護師に転職するために勉強をしているわけなんですけれども、専門学校に行くことにしました。これを教えてくれたのは友人でした。私の友人は千葉に住んでいて結構バリバリのキャリアウーマンタイプなのです。そんな彼女と千葉で会った時に話をしました。

そうして私がずっとフリーターだということを彼女も心配してくれていたみたいで、フリーターでいることは良くないことだと思っていたみたいです。そこで女性が手に職を付けられるように、私のような今までフリーターでも勉強すればできる、看護師を紹介してくれたというわけです。

私は紹介された時にはちょっと躊躇しましたが、それでもちゃんとやらないと、そろそろ私もフリーターとしての職もなくなる可能性もあったので、決心したのです。今は看護師の助手のような仕事をしながら専門学校に通っているところです。

介護医療に関しては以外に私が住んでいるところでも多くて、都会に出ても同じように就職口があります。だから看護師ならどこへ言っても食べるのには困らないだろうと思います。多分友人はそこまで見据えて私にアドバイスをくれたのだと思います。

私はまったくそんなトコロ迄考えていなかったので、こうやってフリーターをしているわけです。ほんとに出来る人というのは考え方がすごく広くて、長期的に考えるんですね。彼女のことは人間としてすごく尊敬しています。