再発行はこうしよう、看護師免許

再発行はこうしてね、看護師の免許!

看護師免許証は、言うまでもなく看護師としての資格を証明するものですから大切です。肌身離さず持っていたいものですが、「乗る時は必ず携行する」自動車の運転免許証と違って、普段から持ち歩くのは・・・という方が多いですね。自宅のタンスの中や、病院のロッカーやデスクに保管している方が多数のようです。 

しかし、ふと必要になった時などに「無い!」あるいは「大変に汚れている!」などということになりがちです。そういった場合、再発行の手続きはどのようにしたらいいのでしょうか。

①働いている人は、その勤務先を管轄する保健所で手続きします。これから仕事を、、という場合はお住まいの住所地を管轄する保健所に手続きをすることになります。

②持ち物は、申請書(保健所においてあります)、住民票、印鑑(シャチハタは不可です)、運転免許証やパスポートなどの身分を確認できるもの、都道府県知事の意見書(保健所で聞き取をして作成してくれます)、切手(金額などはあらかじめ確認が必要です)、免許証の毀損であれば、その免許証も添付しましょう。

また、手数料も必要です。准看護師免許は、都道府県発行の免許ですから、手数料もお住まいの地域によってかわってきます。一番いいのは、「無くさないこと」「汚さないこと」ですが、日常使うものではないため、かえってなかなか難しいかもしれませんね。万が一にも、免許証を再発行しなければいけない状況になってしまったら、まずは保健所(もしくは県庁の場合もあります)に問い合わせをしてみましょう。何が必要かを詳しく説明してくれます。慌てず、落ち着いて手続きに取り組みましょう。