看護師免許申請の簡単な方法

誰でもできるカンタン看護師免許申請のメソッド

看護師への道はさまざまですね。准看護師資格で実際に働きながら学校へ通いながら看護師試験を受ける方もいらっしゃるでしょう。また看護学校や大学で勉強されて試験を受けられる方もいらっしゃるでしょう。道はさまざまですが晴れて看護師国家に合格!となれば次はいよいよ看護師免許申請手続きです!いくつかの書類をばっちりそろえて保健所に提出するわけですが、「書類をそろえる」と聞いただけで「面倒だ」と思う方も多いのでは?

申請書は保健所で入手できます。ただ、お勤め先の病院で一括して申請する場合もあるのでまずは確認しておきましょう。個人で申請する場合、まずは合格通知書が必要になります。絶対の自信がある!という方以外は合格発表を待ってから書類をそろえましょう。

その際、チェックリストを作っておくと安心ですね。
①申請書(保健所で入手あるいは、厚生労働省のサイトからダウンロードできます)
②診断書(発行後1ヶ月以内のもの)
③戸籍謄本(発行後6ヶ月以内のもの)
④印紙(9000円分)
⑤登録済証明書用ハガキ

本籍欄と住所欄のコード番号は、必ず申請書を提出する保健所で確認して書き入れましょう。記入ミスをしてしまった場合は、当然ですが修正液などでの訂正は無効となりますので、申請書の印鑑が必要となりますので提出する日には念のために持って行くようにしましょう。

以上のような書類をそろえて管轄の保健所に行って申請しましょう。実際の免許証が届くのまでは少し時間がかかるかもしれませんが、登録済証明ハガキを速やかに病院へ提出します。これで晴れて看護師さんですね。

それと先々結婚して姓が変わったり、入籍によって本籍地が変わった場合も変更申請を忘れずに行いましょう。