国際派看護士に必要な海外留学

国際派看護士になるなら是非とも海外留学を考えましょう!

国際派看護士というタイトルですが、もちろん海外で看護士として働きたい方は留学は必須条件になるでしょう。国によって多少の違いはありますが、日本で看護士の資格を取得して行くのが主流になるかと思われます。しかしながら海外で免許を取る道もありますのでその辺りは、行きたい国と事情を調べてみましょう。もちろん語学力が必要であることはいうまでもありません。

さてここで述べたい「国際派看護士」というのは、海外で働きたいという意味ではありません。あくまでも日本国内で看護士として働くのですが、国際的な感覚を兼ね備えた看護士という意味です。一度は留学してもし可能であれば少しその国の病院で仕事をしてみて帰国されたら、あなたの世界は一転することでしょう。宇宙へから地球を見た飛行士の人生観が変わりその後の人生に大きな影響を与えたという話はあまりにも有名ですね。

看護士留学となると、アメリカやオーストラリア、イギリスなどが主流だと思います。それぞれの国の受け入れ態勢なども少しづつ違いがあるし、一長一短はありますのでどこがいいかはやはりご自分で行きたい国を決められたら良いでしょう。

例えばアメリカなどは、看護士という仕事が医師と同じレベルで扱われ、それだけに責任やリーダーシップ能力なども自ずから求められます。語学力だけでもハンディがあるのにその上まったく違った環境で、現地の同僚や上司たちに認められたいわけですから、かなりの勇気と努力が必要となるでしょう。日本の看護士としての仕事の環境だけを見ていても、それが全てだと思ってしまいます。病院という大きな組織の中で働くわけですから、そこから逸脱するわけにはいきませんが、さまざまな面で違った海外の看護士という仕事を経験した人は、その圧倒的に良い点をかならず仕事に生かすことができるし、看護士としての自分の総合的なスキルを飛躍的に伸ばしてくれるでしょう。