キャリアアップしたいなら外科がおすすめです。

キャリアアップしたいなら、外科?!ナースの選択!

これまで、たくさん勉強をし、実習を積み重ねて晴れて看護師になったみなさん。勤務に忙しく慌ただしい毎日をお過ごしのことでしょう。しかし、ふと「もっと経験を積みたい。キャリアアップしたい。」と思われる時があるかもしれません。

そんな場合は「外科」の勤務を考えてみてはどうでしょうか。一口に「外科」といっても、ほんとうに多岐にわたっています。一般外科・胸部外科・小児外科・脳神経外科・泌尿器外科・整形外科と多くの外科学があり、またここから専門分野に枝分かれするものもあります。

外科ですから、周手術期のケアが必要なことが多いでしょう。手術や入院施設のある病院であれば、夜勤も出てきますから、当然肉体的にも大変な面が出てくることでしょう。しかし、「大変そうだから」と避けていては、経験を積むことができません。どんな職種でもいえることですが、経験と知識は不可欠です。経験と知識を積み高めることによって、「この人がいないと困る」という職場にとって欠かせない大切な人材になりえるのです。

「大切な人材である」ということは、病院側も手放したくありませんから、それぞれ給与規定もあるでしょうが、必然的に報酬も上がっていくものです。実際に、外科病棟の勤務を続けていてあっという間に給与アップしていったという話が多く聞かれます。

また、看護師の仕事は給与だけが目的ではありませんね。もちろん、過酷な仕事にやる気を持たせる重要なメソッドではあります。しかし、大切なのは心身共に弱っている患者さんのケアをするいたわりの心です。日々の多忙な仕事の中、勉強もしながら優しさも失わない。とても大変ですが、だからこそやりがいがあるのではないでしょうか。

現在の職場が、そういったキャリアアップに不向きであるとか、やりたいことができない環境であるなら「転職しやすい」という強みを持つ看護師の資格を活かして、転職も視野に動いてみてはどうでしょうか。